お役立ち!インクの通販サイト6選

インクを購入するときに参考にできるサイト

インクにはいろいろな種類がありますので、機種にあった製品を購入しなければ利用することすらできません。適切なインクを購入するためには、まずは型番を調べて、その機種に使えるように作成された製品を購入しましょう。

このサイトでは型番の調べ方を紹介していて、そこから正しい製品を選ぶ方法も紹介しています。各インクの特徴や価格の比較もおこなっていますので、間違ったものを購入する可能性はなくなるでしょう。選び方に迷ったのなら是非とも目を通してみてください。

そして、純正品と代替品の違いも紹介しているため、安価でお得にインクを購入できるようになります。消耗品であるインクを安く購入したい方も多いでしょうから、代替品の良さもしっかりと分かるように記載しています。そちらを読めば、コストパフォーマンスの高い印刷ができるようになるでしょう。

こまもの本舗

総合評価 ★★★★★
情報の多さ ★★★★★
満足度 ★★★★★
サービス内容 ★★★★
使いやすさ ★★★★

ポイント

  • インクの種類が多種多様なため好みに合わせて選べる
  • 品質にこだわっているため安心して使える
  • 1年保証があるため不具合があっても対処できる

こまもの本舗はインクの種類が多種多様で、互換インクでも染料と顔料のタイプがありハイクオリティにすると見やすくなることが特徴です。他にも洗浄カートリッジもあり利用者のニーズに合わせて取り扱い、好みに合わせて注文できて有意義に使えます。

インクは創業45年の実績をもとに品質にこだわっているため安心して使え、安全で満足できるような仕上がりになります。工場は一貫した生産ラインを持っているため、徹底したエキスパートが作業をするため色落ちをする心配がなく安心して使えることが特徴です。

インクは購入して1年保証があるため不具合があっても対処でき、壊れている場合や液漏れなどがあればすみやかに交換してもらえます。不良品は1年以内であれば連絡すると全額返金をしてもらえ、購入して試して安心して使えるようにすると効果的です。

公式サイトはコチラ

リサイクルトナードットコム

総合評価 ★★★★
情報の多さ ★★★
満足度 ★★★★
サービス内容 ★★★★
使いやすさ ★★★★★

ポイント

  • 定期的にキャンペーンを行うため安く購入するチャンスがある
  • メーカーやトナー型番を選ぶと価格が分かる
  • 売れ筋ランキングを見て注文できる

リサイクルトナードットコムは定期的にキャンペーンを行い、通常価格よりも格安になり出費を減らせて便利です。何度も購入する時は5回ごとにクーポンを進呈するため、対象商品を確認して安くなるように利用すると有意義に使えます。

インクを購入する時はメーカーやトナー型番があれば探しやすく、サイトで検索すると価格がその場で分かります。リサイクルトナーは価格を安くするために役立つため、最適な種類を探すと経費削減につながるため効果が高いです。

売れ筋ランキングは人気のインクの種類の特徴が分かり、迷っている時に参考にすると決めるきっかけになります。インクは見やすくなるように決めたいもので特徴や価格を比較し、正しい使い方を把握してから決めることが大事です。

高品質トナーがお得な価格で販売中!リサイクルトナードットコム

公式サイトはコチラ

インク革命.com

総合評価 ★★★★
情報の多さ ★★★★
満足度 ★★★★★
サービス内容 ★★★
使いやすさ ★★★

ポイント

  • 高品質なインクが、純正品の概ね半額から提供されています。
  • 各プリンターメーカーに対応する多彩なインクが販売されています。
  • 全額返金保証があるため、初めてでも安心して購入できます。

インク革命.comは、安いプリンターインクをお探しの際にピッタリな通販サイトです。高品質なプリンターインクが純正品のおよそ半額から提供されており、各プリンターメーカーに対応する多彩なインクカートリッジが揃っています。

個人購入はもちろん、法人向けサービスが充実しているのもインク革命.comの特徴です。印刷経費を大幅にコストダウンできることから、企業をはじめ学校や公官庁など、7万社以上の導入実績があります。また、販売インクは純正品と比べても9割を超える類似性があるなど、高品質なインクを低価格で買えるのがインク革命.comの強みです。

全額返金保証も用意されており、もしも印刷結果に満足できなかった場合でも、初回購入者なら30日以内の申し出などでこのサービスを受けられるため安心です。注文はWebから行えるほか、土日祝日以外の午前10時から午後4時までなら、電話でも注文できます。

【インク革命.com】

公式サイトはコチラ

トナプロ

総合評価 ★★★
情報の多さ ★★★★
満足度 ★★★★
サービス内容 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★

ポイント

  • リサイクルトナーを低価格で購入できる
  • 長年の実績があるので安心して使える
  • 全国にすぐに納品してもらうことができる

業務用のプリンターやコピー機を使うときにはトナーを利用します。非常に高価格なので、交換をするときにはコストを気にする人もいるかもしれません。トナプロではリサイクルトナーによるインクの提供をしてくれるので、安く購入ができます。

プリンターやコピー機のインクを利用するとき、純正以外だとトラブルの心配があります。トナプロは長年の実績のある業者なので、安心して利用することができます。1年間の完全品質保証もあるので、トラブルを気にする必要がありません。

プリンターやコピー機を使っていて、突然インクがなくなるとそれ以降、印刷業務が止まってしまいます。トナプロは全国に対応してくれているので、即日納品をしてくれます。当日の12時までに注文すれば、その日のうちに発送してくれます。

激安!リサイクルトナー専門店≪トナプロ≫

公式サイトはコチラ

インクナビ

総合評価 ★★★★
情報の多さ ★★★★★
満足度 ★★★
サービス内容 ★★★★
使いやすさ ★★★

ポイント

  • メーカーに応じて最適な種類のインクを選べる
  • インクは2年保証と安心して使える
  • 印刷枚数を多くしてもトラブルが少なくて安心できる

インクナビはメーカーに応じて対応するインクを取り扱うため、プリンター型番やインク型番を知ると手軽に購入できます。扱う色の種類は多く内容や価格を比較すると決めやすく、カラーコピーを安心してできるようになることが魅力です。

インクナビでインクを購入して型番を間違えたことやインクが合わなくなると交換してもらえ、2年保証のため期限が過ぎないようにすると便利です。インクはすぐに交換または返金に対応でき、プリンターの場合は新品交換またはメーカー修理代を保証します。

インクナビのインクは純正インクとのトラブルの回数を比較すると圧倒的に少なく、頻繁に使うために考えると便利です。トラブルは紙詰まりや認識不足や目詰まりなどがありますが、他と比べて頻度が少なく今まで悩んでいた場合にも対処できます。

激安インク販売の【インクナビ】送料無料。

公式サイトはコチラ

カウネット

総合評価 ★★★
情報の多さ ★★★
満足度 ★★★★
サービス内容 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★

ポイント

  • カウネットならインクのトナーを通販で購入することが出来ます
  • カウネットならお探しのインクも簡単に見つかります
  • カウネットなら会員登録をする事で再注文も際も簡単です

カウネットなら、インクやトナーなどを通販で購入することが出来ます。しかも、純正品だけでなく、互換性のあるものや、リサイクルまで、幅広い商品を取り扱っています。そのためお探しのものが必ず見つける事が出来ます。

それからカウネットでインクのトナーを探す際、カテゴリ別になっているので、お使いのメーカーから簡単に見つける事が出来るだけでなく、スペックで絞込をする事も出来ます。また、価格帯からも見つける事が出来て便利です。

それからカウネットなら、会員登録をする事で、以前購入した履歴を見る事が出来るだけでなく、再注文の際にも履歴から注文をする事が出来るので、素早く注文できるだけでなく、間違える事がなく安心です。

公式サイトはコチラ

インクを買うときはそれぞれの違いを把握しておこう

プリンターを使用するにはインクが必要ですが、そのインクも細かく分類したら複数の種類に分かれます。その複数の種類のインクの詳細を知らないままに適当に購入して使用すると、期待していた品質どころか、下手したらプリンターの故障の原因を誘発しかねません。そのインクは製造元と性質の2つの側面を知らなければなりません。まず製造元ではプリンターの機械そのものを製造しているメーカー製とそれ以外のメーカー製の2つにわけることができます。そのうち前者を俗に純正と呼ばれています。一般的な価格は純正が高く、それ以外が安い傾向となっています。価格だけならば純正でないほうが圧倒的に有利となります。その販売価格は純正の約半額程度で売られてるのもあります。一方で純正が高い理由はプリンターの機械そのもので稼ぐ利益をインクで補ってるからです。

というのはプリンターの機械そのものでしっかりと利益を稼ぎ出そうとすれば、今よりもはるかに高い価格となってしまって、金銭的にも心理的にも購入しにくくなるからです。そのため何万円もするプリンターは利益率を少なくしてある程度犠牲にして、その代わりにインクで利益を多めにして相殺をしています。しかし純正品のインクが高いのはそれだけではなくて、しっかりとした品質も確保されています。品質が確保されてるから価格が高くても買う人が多いのはそのためです。言い換えれば純正でないインクは安いけど品質もそれなりの価値しかありません。品質が純正よりも劣る部分は印刷した際の色合いです。品質で特に差異が出るのは写真や絵を印刷したときとなります。純正だとしっかりと色が鮮やかなのに対して、純正でないのはどことなく色合いが見劣りしています。

また純正でないのはインク残量を示す金属板のICチップやインクを詰める容器自体の不具合も多めな傾向となっています。これらの不良品率が純正に比べて高い理由の1つは、これらの部品を再利用しているからです。容器やICチップを再利用することで余計な製造コストを削減して安くできてるからです。一方でプリンターを購入する場合は、プリンター自体が顔料系のインクか染料系のインクに対応してるかを把握しなければなりません。大半の人は顔料系のインクで十分ですが、写真家など写真や絵の色合いを追求している場合だと染料系のインクが要求される場合があるからです。染料系のインクは紙にインクが染み込むので乾くのに時間がかかりますが、色が鮮やかで風合いを出すことができます。一方で顔料系のインクは紙の表面にインクを吹き付ける感じで処理をしていて速乾性に優れています。また耐水性や耐光性に優れてるので保管しやすくなっています。けど細かい色の再現が染料系に比べて難しい側面があります。そのためビジネス文書などの印刷に向いています。

TOPへ戻る