お役立ち!インクの通販サイト6選

top > インクについて > 詰め替えインクとはどんなものなのか

詰め替えインクとはどんなものなのか

 インクジェットプリンターのインクには純正インクや互換インクなどがありますが、購入コストを抑えたい場合は純正品よりも安く買える互換インクを選ぶという人も多いでしょう。
しかし、互換インクよりもさらに安いインクがいいという場合は「詰め替えインク」と呼ばれるものがおすすめです。
通常のインク交換では、インクカートリッジと呼ばれる箱状のものをそのまま交換しますが、詰め替えインクはカートリッジを交換するのではなく、カートリッジの中にインクを補充するというタイプのものになります。
具体的には、純正品のカートリッジに小さな穴を開け、そこからインクを注入するという作業を行うことにより、インクの量を元に戻すことができます。
ですので商品としては、小さなボトル入りのインクを購入することになるでしょう。


 詰め替えインクの特徴は、何といっても価格が安いことであり、比較的高いものでも純正品の半額程度で購入することができますし、安いものになると100円ショップでも手に入れることができます。
ですので、純正品とは比べ物にならないぐらいコストを下げることが可能になるということです。
しかし当然のことながら、安いものは耐久性や発色といった品質面でかなり劣ってしまう場合があるため注意が必要になります。
そして、安くない詰め替えインクの場合も、純正インクや互換インクと比べると品質が劣る傾向にあるため、品質にあまりこだわらない場合に向いていると言えるでしょう。
さらに、詰め替えインクは自分で詰め替えの作業を行う必要がありますし、専用の道具を用意しなければならない場合もあるため、手間がかかる方法だということも知っておきましょう。


 詰め替えインクは作業の手間がかかってしまうため、初心者の場合はビギナーズ用のセット商品を選ぶと便利です。
ビギナーズ用のセット商品には、インクをはじめ、詰め替え作業に必要な道具がセットになっているため、これさえ購入すれば詰め替えが行えるようになっています。
そして初心者でも簡単に作業ができるように、手順が説明されたマニュアルがついている場合も多いため、作業のやり方などで悩むこともないでしょう。
また、詰め替えインクを何度も使用している場合は、インクの詰め替え回数には限度があるということを知っておきましょう。
同じカートリッジに詰め替えが行えるのは4回程度までとされており、無限に詰め替えが行えるわけではありません。
しかし、詰め替え回数が10回や20回まで可能なプリンターもあるため、インクのコストをより抑えたい場合はチェックしてみるとよいでしょう。

次の記事へ

TOPへ戻る