お役立ち!インクの通販サイト6選

top > インクについて > 文字を書きたくなるインクの知識

文字を書きたくなるインクの知識

 何もかもがデジタルに移行する時代に、あえてインクを使って文字を書くという行為が楽しくなる時があります。
それが、画材店などで美しい色のインクを手に入れた時です。
インクと言えば黒という固定観念があるかもしれませんが、実際には様々なカラーのインクがあり、その彩は千差万別です。
手書きの文字や絵にはその人にしか出せない味が必ずにじみ出ますので、たまにはゆっくりペンを手に取ってみてはいかがでしょうか。
昔ながらのつけペンや、見た目も美しいガラスペンもありますし、手軽に買える万年筆もおすすめです。
色インクは、それこそ水彩絵の具のように様々な色合いが揃っていますが、同じ青でもメーカーが違えばニュアンスが変わります。
ボトル入りのものもあれば、簡単に装着できるカートリッジ式のものもあります。
それぞれ数多くの色がありますから、たくさん揃えて並べてみるのも楽しいですね。


 昔ながらのつけペンやガラスペンは、まだ使ったことがないという人も多いでしょう。
自分の指先のように自由自在に使いこなすには練習が必要ですが、難しそうに見えて、実はそれほど取り扱いが難しいものではありません。
色には不思議な力がありますから、誰かにハガキ1枚出すときにも、その時の気持ちや伝えたいメッセージを色に込めるのはお勧めです。
暑い時期には目から涼を運んでくれるような色、励ましたい時には温かみのある色などを使えば、きっと気持ちも伝わるでしょう。
つけペンは先がスチールになっていて、形状で字幅や書き味を変えることができます。
軸にある溝にペン先を差し込んで使いますが、ガラスペンは軸と先まで一体に作られています。
書く時にインクのボトルの中にペン先を入れて、適量をつけて紙に書きます。
つけすぎると垂れてしまうので注意、かすれてきたら、またインクを足して使います。
スポイトがあれば、インクを混ぜてオリジナルカラーを生み出すこともできます。


 近年人気が徐々に上がって来ているのが、本体が透明な万年筆です。
カートリッジをセットすると、外側から中のインクを見ることができるのが特徴です。
おそらく、メーカーはインクの残り量を目視できるようにするコンセプトだったのでしょうが、美しさを楽しむ付加価値も与えてくれました。
ペン先までじっくりと色が伝わって行く様もとても美しく、まるで芸術品のようです。
色を楽しむなら、ぜひ何本もそろえて、絵具やマーカーのように使い分けるのもいいですね。
文房具好きな人は、お気に入りを見つけると、同じものでもたくさん買って揃えたくなりますよね。
透明な万年筆は、まさにそんな文具好きとインク好きの欲望を満たしてくれる逸品です。
目の前にずらっと並べた色とりどりの万年筆を眺めて、今日はどんな文字をしたためようか、わくわくしながら迷ってみたいですね。

次の記事へ

TOPへ戻る