お役立ち!インクの通販サイト6選

top > インクについて > 互換インクの価格や特徴について

互換インクの価格や特徴について

 プリンターのインクは純正品を使うことがメーカーから推奨されていますし、一番安心できるのが純正品だと言えますが、ネックになるのはその価格が高いということです。
中には、プリンターが安売りされている場合などは本体の価格と純正インクの価格があまり変わらないという場合もあります。
ですので、プリンターは安く購入できてもインク交換で高くついてしまうというケースが珍しくありません。
これは、メーカーのビジネスモデルが、本体は安く提供して、消耗品であるインク代で稼ごうという方針を取っているためだと言われています。
しかし、プリンターのインクは純正品だけでなく、それよりも安く購入できるものもあるのです。
それが「互換インク」と呼ばれるものであり、プリンターメーカー以外の会社が製造と販売を行っています。


 互換インクは、純正品よりも安いということが何よりのメリットであり、実際の価格は純正品の半額程度に設定されている場合が多いと言えるでしょう。
なので、仮に純正品が8千円であれば、互換インクは4千円程度で購入できる場合が多いため、かなりお得になります。
しかし、いくら安くても品質が悪ければ使い物にならないため、品質がどうなのかがきになりますが、最近の互換インクは品質が向上きており純正品と比べても概ね遜色ないものが多いと言われています。
ですので、会社で使用する資料や、年賀状などで使用する場合であれば品質的には十分なレベルのものだと言えるでしょう。
さらに互換インクは製造するメーカーなどによって品質が異なる場合がありますが、中には写真印刷なども純正品と同じレベルで印刷することが可能なものもあります。


 互換インクでもう一つ気になるのは、純正品でないためプリンターが故障しやすいのではないかということです。
純正品はプリンターのメーカーが作っているため信頼感がありますが、互換インクは他社が作っているものであるため不安があるのは仕方ないことでしょう。
確かに、互換インクの場合はプリンターとの相性の問題から誤作動を起こしてしまう場合があると言われており、その点には注意が必要です。
しかし故障に関しては、純正品でも故障する場合がありますし、純正品か互換インクかに関わらず起きてしまう故障も多いということも言えるでしょう。
ですが、互換インクを作っている会社はさまざまあり、中には品質の悪いものを販売している会社もあります。
ですので互換インクを選ぶ際は、実績のある会社かどうかということをチェックしておくことも必要でしょう。

次の記事へ

TOPへ戻る