お役立ち!インクの通販サイト6選

top > インクについて > レトロだけど機能性がよいインク

レトロだけど機能性がよいインク

 万年筆を使っている人は少ないようです。
しかし1度使ってみると使い勝手もよいですし、キレイな文字を書くこともできます。
使い方次第ではかなり長く使うことができますし、中には代々万年筆を受け継いでいるという人もいるようです。
万年筆を使う場合、専用のインクが必要になります。
このインクの種類は大きく分けて2つあります。
カートリッジタイプとインクが入っている容器から吸い上げる方式です。
カートリッジのほうが手を汚すこともなく簡単に装着をさせることができるので便利と言えるでしょう。
万年筆を使い始めて間もないという人にはカートリッジタイプを薦める店員も多いです。
しかしコスト面のことを考えた場合、カートリッジのほうがやや割高になってしまうということもあるので、注意が必要です。


 専用のボトルから吸い上げるタイプは上手に吸い上げないとすぐにインク切れを起こしてしまうということがあります。
頻繁に補充をしなければいけないということもありますし、長く使っていないと錆びてしまうということもあります。
上手に吸い上げることができるのであれば、長く使うことができるでしょう。
上手に出来ない場合でもこまめに補充をすることによって、万年筆そのものも長く使うことができるようになります。
吸い上げる方法もそんなに複雑ではありませんし、無図悪しいことは何1つないので安心をして利用をすることができます。
またコストもカートリッジタイプよりリーズナブルなので頻繁に万年筆を使う人はボトルタイプを利用したほうがよい、ということもあります。
どっちのほうがよいのか個人の判断に委ねられます。


 吸い上げるタイプであれば、カラーも変更することはできます。
しかしカラーを変更する場合にはその時に洗浄をしなければいけません。
水を吸い上げて出す、という作業を繰り返さなければいけません。
それでも洗浄をするだけで何色も使うことができるというのは便利です。
使い方が難しいとされてきた万年筆ですが、最近では見直されてきており、注目を集めています。
お祝いとして贈るという人もいます。
特に年齢を重ねている人が渡すということもあるので、高額なものもたくさんあります。
インクも文房具を取り扱っている店舗であれば、比較的身近なところで入手をすることができるようになっているので便利ですし、どこで購入をしたらよいのか分からないということもありません。
気軽に使うことができるようになっています。

次の記事へ

TOPへ戻る