お役立ち!インクの通販サイト6選

top > インクについて > パソコンのプリンターのインクは純正を使うのが安心です

パソコンのプリンターのインクは純正を使うのが安心です

 パソコンを使っているとプリンターが必要になることが多いです。
パソコンで文章を作ったり、表を作ったりしたらそれを印刷する必要が出てくることが多いからです。
今ではプリンターはすごく安くなっており、スキャンが出来てその上コピー機能があるタイプでも数千円で大手家電量販店で販売されていることがあります。
だから多くの人がプリンターを買って、印刷に使っていると思われます。
しかし、その人たちはみんながプリンターは安いけど、後々インク代が高く付くなと感じているはずです。
確かにこれの純正は高いわけで、たくさん刷る人は後の維持費が高く付くのでついつい純正以外の物を買って使っている人もいると思われます。
純正以外の物はたくさんの種類が販売されており、ちょっと安い物から超安い物までたくさんあります。


 ところが純正以外のインクには問題点があるわけで、どれでも使っていいと言うわけではないわけです。
その問題点とはインクジェットプリンターの吹き出し口でそれが固まってしまって、クリーニングしても詰まったままになることが多いことです。
純正の物でもしばらく使わないと吹き出し口で固まるのですが、クリーニングすると綺麗になり印刷ができるようになることが多いです。
しかし安物を使うとクリーニングが効かないと言う事態になることが多いわけです。
クリーニングが効かないとどうなるかと言うとヘッドを交換しないといけなくなるわけで、メーカーに修理に出さないといけないと言うことになることが多いわけです。
そうなったら結局高く付くことになり、安物を使わなければよかったと後で後悔することになることになります。


 安い物がすべてそのような状態になるかと言うと、それに関して絶対とは言えないわけですが、超安い物はまず間違いなくこの状態になります。
安ものを買ったおかげでプリンターを壊してしまったと言う人は、たくさんいるのは間違いがありません。
プリンターを持っている人、数人に訊ねて回ると大概その中に一人は、安物を使ってプリンターを壊した人が混じっています。
したがって高いですが、純正のインクを使った方が結局は安くつくのではないかと考えています。
純正の物は高いがゆえにランニングコストを下げようとしてついつい安物に手を出す人が多いわけです。
この気持ちは写真などの消耗の激しい物を印刷すると理解できます。
消耗が激しいので高く付くから、安い物を見るとついつい買ってしまうわけです。
そして失敗してプリンターを壊すことになるわけですが、何度も同じ失敗を犯している人も結構います。

次の記事へ

TOPへ戻る