お役立ち!インクの通販サイト6選

top > インクについて > インク容量の大きなインクジェットプリンターが販売され始めました

インク容量の大きなインクジェットプリンターが販売され始めました

 家庭で普通使っているプリンターはインクジェットのプリンターがほとんどですが、これには問題があってインク容量が小さく写真の印刷をよくする人はすぐにインクがなくなると言う問題がありました。
普通に文章だけを印刷するのであればそれほど問題を感じませんが、イラストや写真印刷をたくさんする人にとっては不満があったわけです。
確かに写真を印刷すると見る見るインクが減ることになり、これの補給をする為に頻繁にこれを買わないといけない部分があったわけです。
ところがインクジェットのプリンターのインクは高く、ランニングコストがかなり高く付くと言う問題もあるわけです。
したがって写真は自分で印刷するより写真印刷屋さんに出すと言う人も結構いるわけです。
費用的に自分で印刷するのも写真印刷屋に出すのもそれほど変わらないと言う人がいるわけです。


 この考えた方をする人が多いことが関係しているのだと思われますが、最近、インクジェットのプリンターでもインク容量の大きなタイプの物が販売されるようになっています。
テレビで広告される時代になって来たので、このことについて知っている人がかなり増えています。
これがなぜ今までなかったのかと不思議に思えるのですが、それはインクジェットのプリンターはそれほど大量印刷する人が多くないと思われていたことが関係しているのかもしれません。
と言うのはこのタイプのプリンターは印刷速度が遅いので大量印刷には不向きで、それがゆえにこれで大量印刷をする人はいない為に、それほど大きな容量は必要ではないと思われていたのではないかと考えられます。
しかし最近はプリンターの速度が上がり大量印刷をする人が増えたので、インク容量の大きな物が販売されるようになったのかもしれません。


 容量が大きくなった結果、ランニングコストがかなり下がることになります。
このタイプのプリンターを使うなら写真印刷にしてもかなりコストが下がる関係で、写真印刷屋さんに出さずに自分で印刷する人が増えるのではないかと考えられます。
ただこれは写真やイラストを印刷する場面が多い人に限られ、あまりこれらを大量印刷しない人にとっては、このタイプのプリンターは使えないかもしれません。
と言うのはインクを満タンにしているとなかなかインクが減らず、インクを使い切るまでにインクが劣化してしまうと言う可能性があるからです。
しかしこのタイプのプリンターが販売されたことによって、このタイプのプリンターをレーザプリンターと共に仕事で使うところが、これからどんどん増える可能性が出てきたかなと考えています。

次の記事へ

TOPへ戻る