お役立ち!インクの通販サイト6選

top > インクについて > インクジェットプリンターに使用される顔料インクと染料インクの違い

インクジェットプリンターに使用される顔料インクと染料インクの違い

 インクジェットプリンターを購入する際は、性能や値段などを考慮し、予算に合った性能のものを選ぶというのが基本でしょう。
しかしプリンターを選ぶ際は、機器本体の性能や値段だけでなく、対応しているインクについてもしっかりと考えておく必要があります。
なぜなら、プリンターは機器本体の性能だけでなく、インクによっても印刷物の出来栄えなどが左右されてしまうからです。
そしてインクジェットプリンターの場合は2種類のインクがあるため、どちらがより自分の目的に合っているのかを検討する必要があると言えるでしょう。
インクの種類に関しては、「顔料インク」と「染料インク」と呼ばれるものがあり、それぞれに特徴がありますし、対応しているプリンターも違うため、その違いをよく知っておきましょう。


 まず「顔料インク」は、液体の中で顔料が溶けきらない状態になっており、インクの粒子が用紙表面に付着する形で印刷されるという特徴があります。
メリットとしては、黒色がはっきり出せるため書類などの文字の印刷に適しているということがまず挙げられます。
そしてインクがにじむこと少ないため、普通紙でもキレイに印刷することができると言えるでしょう。
さらに光や水にも耐久性があるため、ビジネス文書などに向いているというメリットもあります。
ただしデメリットとしては、色を再現したり細かい表現をすることが苦手なため、写真の印刷などには不向きだと言うことが挙げられます。
そして染料インクと比べると値段が高くなってしまうのもデメリットだと言えるでしょう。
また、顔料インクはインクのヘッド部分の構造が染料インクとは異なるため、顔料インク専用のプリンターでしか使用できません。


 次に「染料インク」は、液体の中に染料がよく溶けている状態になっており、用紙の内部に染料が浸透しやすいのが特徴です。
メリットとしては、色を重ね合わせるような印刷をすることができるため、なめらかさや鮮やかさが表現しやすいということがまず挙げられます。
そして光沢紙にキレイに印刷することが可能なので、写真の印刷が主な目的である場合などに向いていると言えるでしょう。
さらに、顔料インクよりも値段が安いということも大きなメリットになります。
ただしデメリットとしては、水に弱く、普通紙に印刷する場合はにじみやすくなるということが挙げられます。
そして光や空気にも弱いため、色褪せしやすいということもデメリットだと言えるでしょう。
また染料インクは、それ専用のプリンターを使用する必要があるため間違えないようにしましょう。

次の記事へ

TOPへ戻る