オリジナルタオルの安価な作成方法について解説します

オリジナルタオルを作る場合は、同じ500枚を作るにしても100枚を5回作るのと500枚を1回作るのとでは、1枚当たりの単価が50円程度違って来てしまいます。少しでもコストを抑える為には、大口で申込みをするのがおすすめの方法です。オリジナルタオルは、デザインをどうするかが悩みどころですが、自分でデータを作成するとコストダウンすることが出来ます。方法としては、Adobeの公式サイトからイラストレーターの体験版をダウンロードします。基本的な操作方法は、インターネットで検索して数日使うことで、素人でも使いこなすことが出来ます。また、デザインが思い浮かばない場合なども、インターネットで検索すれば、様々なデザインのタオルを目にすることが出来るので、ある程度形にすることも可能です。

オリジナルタオルのデザインや生地選びでコストダウン

オリジナルタオルを作る場合、型を作ります。型は色毎に作る為、使用する色の数によってコストが変わって来ます。タオルのサイズによっても異なりますが、一般的には1色につき1万5千円程度が相場です。1色で作る場合と多色で作る場合で、かかるコストは大きく違います。オリジナルタオルの生地も国産物にするか、安い外国産のものにするかでコストが違います。外国産のものでもカラーバリエーションが多く、高品質のものがありますので、費用対価格を考慮してみると良いでしょう。国産物と外国産のタオルで作った場合のコストを比較してみると、100枚作った場合において、外国産のものは半額程度までコストを抑えることが可能です。プリントする範囲を全面ではなく、範囲指定で行うことでもコストダウンを図れます。

オリジナルタオルを安く作る為の裏技

オリジナルタオルを作るシーンは様々です。沢山の人に配ることを目的としている場合と、作る枚数はそれほど多く無い場合があります。作る枚数が多くない場合は、何色使っても同じ料金のフルカラーインクジェットプリントがおすすめです。フルカラーインクジェットプリントは、写真印刷やグラデーションなど、普通のタオルプリントでは難しいものも綺麗にプリント出来るのが特徴です。ワンポイントのデザインでも良いので安く作りたいという場合は、刺繍のワンポイント入りや名入れタオルがおすすめです。オリジナルタオルをプレゼント用として作るのではなく、チームやクラスでそのまま配る目的なら、たたんで袋に入れるという工程を省いて納品してもらうことで、1枚当たり10円~15円の費用削減に繋がります。